symphony&bonjour

Shetland Sheepdog
シェットランド・シープドッグ


シェルティーの愛称で有名な牧羊犬


シェルティシェルティ子犬

原  産  国 イギリス(シェットランド諸島)
大  き  さ 中型犬
体     高 33~41cm以内
体     重 7~10kg
被        毛 まっすぐな粗い長毛で、首の周り、胸、前脚の後ろ側に飾り毛がある
カ    ラ    ー セーブル・トライカラー・ブルマール・バイブラック・バイブルー
耳  の  形  状 半直立耳
尾  の  形  状 垂れ尾
寿        命 13~14歳
性      格 優しく、辛抱強くて、従順
かかりやすい病気 眼疾患、股関節形成不全、関節疾患
耐  寒  性 普通
運  動  量 普通
手  入  れ スリッカーブラシ、コーム、ピンブラシ


従   順   度
協   調   性
訓   練   性
自   立   性
初 心 者 向 き 度
集 合 住 宅 適 性 度
高 齢 者 向 き 度
留 守 番 適 性 度
子 ど も 受 け 入 れ 度

シェルティの性格   

シェットランド・シープドックは非常に明るくて感受性が強い犬種です。
家族に対して献身的な愛情を寄せてくれます。
愛想がよく親しみやすいというだけでなく、温和で遊ぶことが大好きで、利発でしつけもしやすく、よく遊び、よく学ぶすばらしい家庭犬となります。
かなり利口な上、とても素直な性格なので、訓練すればするほど、その経験を吸収していける素晴らしい能力を持っています。
外見はコリーによく似ていますが、コリーよりも運動量が多く活発です。
性格も優しくて辛抱強く思いやりに満ちあふれています。
攻撃的なところはいっさいなく、陽気で明るく、体も丈夫で健康的で、まさに理想的な家庭犬です。
的確に状況判断をして自主的に行動しなければならない牧羊犬の特性で、家庭でも家族の行動を観察しながら驚くほど期待どおりの行動をとってくれる聡明さが魅力です。
シェルティーの愛称で親しまれている理由も十分に頷けます。
若い頃の運動量は相当なものなのでストレスに陥らないように、相当ハードな散歩時間を毎日しっかりと確保してあげる必要があります。

シェルティの日常の飼育ポイント 

毎日の引き運動のほかに安全な広い場所で自由に遊ばせてあげることも大切です。
スタミナがあるのでしっかり運動させないとストレスをためこんでしまうことも少なくありません。
毛が長いので適度なブラッシングが大切です。

シェルティの健康   

注意事項 フィラリア予防薬のイベルメクチンとミルベマイシンに過剰反応を起こして死亡することがあるので、注意
      が必要です。
     
気をつけたい病気 心臓疾患・皮膚疾患・甲状腺機能異常・B型血友病・股関節形成不全・関節炎・難聴・角膜変性・
         白内障・汎進行性網膜萎縮・視神経欠損症・腎機能疾患

子犬を迎えて

 ワクチン注射

子犬は1回目のワクチン接種後(その時に獣医さんで健康診断も受け、病気がないか確認しています)お渡しします。
2回目の予防接種は1回目の1ヶ月後に受けて下さい。
3回目を接種する必要があるかどうかは獣医さんと相談してください。
その後は毎年1回追加接種をするのが一般的です。
本来自然治癒力が備わっています。
この力を高めるよう日々の健康管理に努めると共に、ワクチンを接種する時は次のことに注意してください。
  1,ワクチンは健康なときに接種する。(ワクチンが病気の引き金になることもあります)
  2,伝染病予防のワクチンと狂犬病予防のワクチンを同時に接種しない。
伝染病予防のためのワクチン注射は任意ですが、狂犬病予防のためのワクチン注射は1年に1回接種することが法律で義務づけられています。
日本では30年以上発症の報告がない狂犬病ですが、世界中の多くの国ではいまだに沢山の発症が報告されています。
狂犬病の恐ろしいところは発症してしまうとほぼ100%死に至るということです。
予防注射により100%予防出来ますので必ず接種してください。

 病気、怪我

下痢をした時はお腹に虫がいるかもしれませんので、検便を受けてください。
一口に駆虫すると言っても、虫の種類や体重によって薬も量も違ってきます。
素人判断で薬を与える事は大変危険です。
獣医さんで検便をしていただきお薬を処方してもらいましょう。

フィラリアは心臓に素麺状の虫がたまり、最悪の場合死亡します。
蚊によって媒介されますから、5月末~11月末迄、毎年薬を与えます。
薬の量は体重によって変わり、種類も色々ありますので獣医師と相談してください。
予防薬を毎月1回与えることで100%予防できます。
フィラリアの予防を何もしないと、体に様々な障害が起き、早い犬では3年余りで死亡しますので必ず予防してください。
 
犬は人間の様に苦痛を訴えません。
特に子犬はその変化が早く、朝元気だったのが夕方にはぐったりして夜には生死の心配をする事態に陥ることもあります。
むらのない食欲で、良い便をするか、動作はきびきびして目に力があるかなど、飼主の細心の注意が必要です。
少しでも様子のおかしい時は、早めに獣医師の診断を受け、手遅れにならない様にしましょう。  
また、シェルティーは足の細い犬種ですし、子犬の骨質は脆いのでちょっとした不注意で骨折することがあります。
抱き上げて落とす事のないよう、高いところから跳び降りる事のないよう注意してください。
小さいお子さんのいらっしゃるご家庭では、床に食べられない物を落としておかないよう注意してください。
子犬はなんでも口にしますので、開腹手術が必要になるなど悲しい事故の起こらないようにしてください。

 耳の矯正

赤ちゃんの頃は頭の横の方に付いていた耳が、成長とともに頭の上にのるようになり、それとともに段々と耳が立ってきますので、仔犬のうちに矯正します。
矯正を始めた頃は、しきりに耳を気にしますが、常に耳を折り合わせてある状態を保つことで段々慣れてきます。
根気よく1歳のお誕生日頃まで続けると、形のよい耳に仕上がります。
耳が立ってしまうと表情がきつくなり、シェルティーの優しい雰囲気が損なわれてしまいますので、がんばって耳の矯正をしてください。

 お手入れ

ヒゲ・爪は延びたら切ってください。(犬は猫と違いヒゲは必要ありません)
爪は前足に5本・後足に4本ずつあり、中に血管が通っています。
血管を切ってしまうと血がなかなか止まらず、痛い思いを忘れない為、その後の爪切りを嫌がる様になります。
ピンク色から先の部分のみを切りましょう。
その他にトリミングが必要な部分はあまりありません。
耳の後の柔らかい毛や、足の裏の毛が伸びたら切るくらいでいいでしょう。
シェルティーは長毛種ですから、ブラッシングも大切です。
耳の後ろや腋の下辺りは特に毛玉になりやすく、毛玉が出来たままにして置くと、皮膚が蒸れて皮膚病の原因にもなります。
スリッカーブラシ等で、週に一度位は毛並みに逆らう様ブラッシングしてください。
おとなしくさせたら褒めてあげたり、ご褒美をあげたりすると、早くおとなしくさせる様になります。
 
シャンプーはワクチンの抗体が体内に出来るまではしないでください。
その後は特に汚れがひどくならない限り、1ケ月に1度位で良いでしょう。
シェルティーは本来牧羊犬ですから、雨をはじく手触りの粗い毛が良いのですが、あまり頻繁にシャンプーするとフニャフニャのコシのない毛になってしまいます。
犬の体温は38~38.5度位ですから、人がさわって少し温かい位のお湯で洗います。
シャンプーは完全に洗い流し、シャンプー後はしっかりとタオルで水分をとった後、すぐドライヤーをかけ乾かしましょう。
シェルティーの毛にはオーバーコートとアンダーコートがありますので、オーバーコートは乾いていてもアンダーコートは濡れたままという事のないよう注意してください。
冬はもちろん夏でも必ずドライヤーを使って短時間で乾かす事が、風邪をひかさず毛艶を美しく保つ秘訣です。
普段は、濡れたタオルで拭いてやるなどして、毛と皮膚の清潔を保つ事が皮膚病から身を守る事につながります。
 
歯磨きも2週間に1度位すると良いでしょう。
子供用の歯ブラシを使ったり、指にガーゼを巻いてやさしくこすってあげてください。
歯茎から出血した場合は、ばい菌が入るといけないのでエタノールやマキロン等で消毒してください。
 
 飼育環境

シェルティは常に人間のそばにいることを喜びとする犬種です。
基本的に室内で飼うようにしましょう。
室内飼いでもじゃまになるような身体の大きさではありませんし、たくさん話しかけたくさん誉めてあげることでこちらの言うことをなんでも理解する賢い犬になります。

室内飼いで注意することは
フローリングの部屋での飼育は止めましょう。(ツルツルと足が滑り関節を痛める原因になります)
フロアカーペットなどを敷いたり、滑り止め効果のあるワックスをかけるようにすると良いでしょう。
室内にはケージかサークルなどのハウスを用意します。
子犬のうちは屋根のないサークルの方が世話をするのに便利ですが、大きくなるとよじ登って出てきてしまう可能性があります。
どちらにするかはそれぞれのご家庭でよくご検討ください。

ハウスの大きさは600X900くらいのものであれば、成犬になっても使えます。
ご家族の皆さんがお留守にされるとき、夜寝るときなどはハウスでおとなしくできるよう躾ましょう。
ハウスに入れるのは可愛そうだという方がいらっしゃいますが、ハウスは犬が安心して過ごせる自分のお部屋です。
その中でおとなしくしていることは犬にとって苦痛ではありません。

室内用トイレはハウスの外に置きます。
犬は大変きれい好きなので、ハウスの中にトイレがあるのは好みません。
赤ちゃんの頃はトイレが近いですが、大きくなればハウスに入っている間は我慢するようになります。
犬は大切な家族ですがズーノーシス(人畜共通感染症)などの心配もありますので、一緒のベッドで寝たり口移しで物を食べさせたりすることは止めましょう。 

シェルティの散歩

2回目のワクチン接種後2週間を過ぎる迄は抗体が体内に定着しませんので、伝染病から身を守る為、外に連れ出してはいけません。
この期間を過ぎたら少しずつ人・車・物音に慣らします。
シェルティは被毛を楽しむ犬種ですから首輪はしません。
お散歩の時はチョークリードを使いましょう。
リードは人間の指示を犬に伝えるためのものですから、体全体が持ち上がってしまう胴輪は適しません。
また、シェルティーは臆病なところがありますから、嫌がるのを無理に引っ張ってはいけません。
少しずつ慣らし楽しいと思わせる事が大切です。
おやつなどを上手に利用するのも良いでしょう。
                 

wanだふる study


studyめにゅう | ご 購入にあたって | グループの特徴 | お迎えの準備 | お迎えにあたって | wanの気持ち
wanと生活 | wanのしつけ | wanの食事 | wanの健康管理 | wanの病気 | wanと遊ぶ・散歩 | wanとお出かけ
シェルティstudy | チワワstudy | パピヨンstudy | ポメラニアンstudy | ご見学の方へお願い | このページのtopへ
                                                                 
Home | お願い | シェルティ | チワワ | パピヨ ン | ポメラニアン | 子犬 | wanだふるstudy
つむじの成長日記 | 日記 | puppy blog | 販売法 | 周辺地図 | リンク | Mail | サイトマップ