symphony&bonjour

Papillon
パピヨン


蝶のような大きな耳の優雅な犬


パピヨンパピヨン子犬

大きさ 小型犬
体 高 20〜28cm
体 重 4〜4.5kg
原産国 フランス・ベルギー
性 格 賢く、状況判断ができるが、ナイーブ
耐寒性 普通
運動量 少ない (歩きで20分×1)
手入れ スリッカーブラシ、コーム、ピンブラシ
かかりやすい病気 膝蓋骨脱臼
寿命 12〜15歳
標準体高 20〜28cm
標準体重 4〜5kg
活発度    
必要運動量
遊び好き度     
人なつこさ     
犬に対する友好度    
他のペットに対する友好度    
しつけやすさ    
手入れ   

 パピヨンの性格

大変賢く、精神的にナイーブでそれが魅力のひとつです。
陽気で好奇心旺盛。
誰にでもよくなつき特に飼い主に対しては甘えん坊。
見知らぬ人や、犬にも警戒心を持たず、直ぐに仲良くなるほど友好的。
利口なので、飼い主の表情や行動をよく観察し、言葉もよく覚える。
どんな環境にもよくなじんで、噛んだり吠えたりすることも比較的少ないが、神経が繊細だから、兄弟喧嘩などの耐えない家庭ではストレスをためて、噛んだり吠えたりする犬になりかねない一面も持っている。
フランス語の蝶(パピヨン)の名の通り、大きくて美しい飾り毛がついた耳は、羽を広げた蝶のように優雅で物静かな印象を与えます。
しかし実際は活発に、はしゃぎ回る騒々しいくらい元気な犬です。
頭がよく従順だから躾けはしやすいが、神経は繊細なので、頭ごなしに叱りつけたりするのはよくない。
萎縮していつもオズオズした犬になってしまう。
叱るよりもほめることを優先させ、教えたことが少しでもできたら充分にほめてあげる。

体臭はなく、美しい被毛のわりには抜け毛も極端に少ないので、手入れは簡単です。
パピヨンは、トイ・サイズの犬種のなかではもっとも従順で反応がよく、穏やかで人なつこく、とても遊び好きな犬種です
パピヨンは、見知らぬ人や他の犬・他のペットとも仲よくし、子供の相手としても理想的といえます。
ただ、なかには神経質な性質の犬もいます。

 パピヨンの特徴

人なつこいながらも警戒心を備えた表情と、蝶のような耳がパピヨンの最大の特徴といえるでしょう。
パピヨンは、見た通り体が小さく、骨が細く作られており、どこか繊細で優美な雰囲気を持ち合わせています。
体高より体長がやや長めで、敏捷で軽やかな足取りで優雅に歩きます。
豊富な被毛は、まっすぐで長く絹糸のように美しく流れています。

パピヨンという名はフランス語で「蝶」を意味し、この活発な犬の耳が「蝶の形」に似ていることからこの名前が付けられました。

 パピヨンを飼う場合

活発で陽気なパピヨンには、精神的に刺激を与えてあげることが必要です。
毎日適度に散歩をさせ、室内外で比較的難しいゲームを取り入れると喜んで参加するでしょう。
屋外で飼育することはあまりおすすめできません。
週に2回はブラッシングをしてあげてください。

 
パピヨンの健康

  
            


wanだふる study


studyめにゅう | ご 購入にあたって | グループの特徴 | お迎えの準備 | お迎えにあたって | wanの気持ち
wanと生活 | wanのしつけ | wanの食事 | wanの健康管理 | wanの病気 | wanと遊ぶ・散歩 | wanとお出かけ
シェルティstudy | チワワstudy | パピヨンstudy | ポメラニアンstudy | ご見学の方へお願い | このページのtopへ
                                                                 
Home | お願い | シェルティ | チワワ | パピヨ ン | ポメラニアン | 子犬 | wanだふるstudy
つむじの成長日記 | 日記 | puppy blog | 販売法 | 周辺地図 | リンク | Mail | サイトマップ