『膝蓋骨脱臼』

『膝蓋骨脱臼』

『膝蓋骨脱臼』の「膝蓋骨」とはいわゆる“膝のお皿”のことで、膝を伸ばしたり縮ませたりするときに靭帯をずらさずに関節がスムーズに動くようにしている骨です。
この骨が脱臼してしまうと靭帯の機能も果たせなくなりますので、足を着くことができなくなります。

すべての犬種で起こりますが遺伝的な骨格の構造から、ヨークシャーテリア、トイプードル、マルチーズ、チワワなど、「トイ種」と呼ばれる小型犬種に多い病気のようです。

小さい頃から遺伝的に関節付近の骨や靭帯が異常な構造であると、その関節に負担がかかった時に簡単に脱臼してしまいます。

特に遺伝的な問題がなくても、成長ホルモンや骨を作るホルモンの分泌障害があったり、食べている餌の成分により骨が栄養障害を起こしていたりすることが原因となる場合もあります。
 
また、交通事故や高い所から落ちるなど、骨や関節に強い衝撃を受けることで脱臼することも多く見られます。

さらに体重が重かったり、ジャンプや高い所への上り下りをよくしたり、フローリングで滑って転ぶなど、日常生活において足に負担がかかることが毎日続くと、徐々に脱臼しやすい骨格構造になっていってしまうことも多々あります。

つまり楽しい散歩や遊び、運動など、普段の当たり前だと思う行動でも、犬の関節の病気につながる可能性が大いにあるということなのです。

脱臼したら、どんな症状になるの?

脱臼をするとその部分の関節を動かすことができなくなります。
よって足がつったように上げたりスキップしているように走ったり、歩き方がおかしかったり、また事故などで起こった場合は腫れてひどく痛がります。

また脱臼した肢が内側入り込んでしまっだり、あるいはガニ股のように足が外側へ向いてしまうなど、飼い主さんから見ても明らかに異常な格好になります。
 
 ■膝蓋骨脱臼の特徴

膝蓋骨脱臼の場合は軽度で無症状なものもあります。

また、脱臼してしまっても足を伸ばして自分で治し、まるで何もなかったかのように再び歩き出す子もいます。

膝蓋骨脱臼をしやすい子は膝の曲げ伸ばしをしたときに膝蓋骨がガクガクと動くので、飼い主さんがシャンプー時などに気づくこともあります。

治療は軽度であれば消炎剤などの処方と安静にし経過観察するものもあれば、レーザーなどの理学療法、また交通事故などで起こった脱臼であれば麻酔をして脱臼した肢を元に戻し、固定する方法もあります。

しかし脱臼を何回も繰り返したり骨格的に重度なものであれば、それ以上脱臼を繰り返さないようにしっかり骨を固定をする外科手術をすることになります。

どちらにしても、治療しないでそのままにしておくと関節が変形してさらに運動機能に障害が出ることもあるので、脱臼の程度を知るためにも必ず動物病院で診てもらいましょう。

どうしたら脱臼を防げるの?

脱臼の症状が軽い場合はそれ以上ひどくならないように運動制限をします。

肥満も足に負担がかかり脱臼を起こす大きな原因になりますので、がんばって減量させると症状の進行を防ぐことができます。

また生活環境に気を配ってあげることも重要です。

床にはじゅうたんやお風呂マットを敷くなどしてフローリングをやめ、滑りにくいものにします。

足の裏の毛が伸びたら滑らないように短く刈ります。

また高い所へのジャンプもできる限りさせないようにします。

とにかくその子の足に負担をかけないような生活を工夫してみてましょう。
 
まだ軽症だからと思ってそのままにしておくと、その足をかばって歩くため今度は逆側の足に負担がかかってきます。

すると負担がかかるようになった側の足まで脱臼しやすい状態になってしまい、後々歩けなくなってしまう可能性も出てきます。

すぐもとに戻るからと脱臼を軽くみていると、正常な肢まで病気にさせてしまうこともあるのです。

 

みなさん気を付けてくださいませ。

初散歩♪

minato-ada-9.21-3-3.jpgminato-ada-9.21-2-2.jpgminato-ada-9.21-1-1.jpg

森川様

人を怖がることについて相談にのっていただきありがとうございました。
あれから初回はダメですが2、3回と会ううちに慣れてくることが判明しましたw
よかったです~

そしてそして、月曜日に初☆散歩デビューしました♪
ただこちらは田舎なので8種を打つ人が多いということで8種を打ったら
副作用で顔が腫れてしまいました・・(泣)

幸いすぐ注射をしてもらい大事には至らなかったのでよかったです。
来年からは6種にしようってことになりました^^

今はもうめちゃめちゃ元気です♪♪
散歩も怖がるかなぁと思ったのですが、抱っこしてよく外に出てたせいか
ピョンピョン跳ねるように楽しんでいました。
「天使?!」って思うくらいかわいかったです(笑)

ミナトが我が家に来て1カ月たちましたが、これからもっともっと
たくさん思い出作っていきたいです。

これからもよろしくお願いします♪

以上報告でした♪

 

ミナト君からの楽しいお便りです♪有難うございます<m(__)m>

ワクチン接種の副作用が出ちゃったんですね(ー_ー)!!

何事もなく治って良かったですぅ。

お散歩も楽しくて♡(✿ฺ´∀`✿ฺ)♡HAPPY・HAPPY

これからも楽しいwan子ライフをお過ごしくださいませぇ(#^.^#)

 

 

 

bell-yoko-9.18-3-3.jpg

bell-yoko-9.18-2-2.jpg

bell-yoko-9.18-1-1.jpg

こんばんは。
お久しぶりです。6月にパピヨン♂をいただいた、〇〇です。
その節はお世話になりましたm(__)m
お元気にしてらっしゃいますか?
 
我が家の一員となったコは「ベル」と名付けました。
来て1週間ほどでお腹に虫が居たり、そのせいでワクチンが打てず・・と大変なこともありましたが、今ではすっかり元気になり、わんぱく三昧の毎日です★
 
今日は初めての遠出で三重県まで連れて行きましたよ~
車には全然酔いませんでした(^^)

最近は朝夕の駅までの家族のお迎えが「自分のお仕事」だと思っているようです(笑)
ただ、顔に似合わず気が強い?みたいで噛み癖があります。。
それで動物病院主催のしつけ幼稚園に週1回通っております。
お友達も出来、元気にドッグランで遊んでいます。
 
家に来た時から現在までの写真をお送りせねば・・・と思いつつなかなかでした(><)
たんくさん添付しますので、良かったらご覧下さいませー!
 
P.S.なかなかのゴン太顔もあります(苦笑)
 
それでは。

 

 

ベルちゃん、お仕事してるんですか???

偉いですね(#^.^#)

ご家族の皆さんもこんな可愛いお迎えがあったら早くお家に帰りたくなりますね。

お友達も出来て楽しい毎日ですね。

ベルちゃんの楽しそうな様子が目に浮かびます。

大切に育てて頂いて有難うございます。

また楽しいお便りお待ちしています<m(__)m>

 

お礼状♪

先日 無事アルバムが届きました。

連絡が遅くなってすいません。。。

 

へその緒がついた状態や、鼻の色が変化していく様子など

子供も感動してみていました。

友達にもこんなアルバムがもらえるなんていいブリーダーさんやね。

と、うらやましがられました。

 

シュシュは今日三回目のワクチンを打ちました。

近くの武庫川や私の実家のある淡路島は過去にネズミの

生息があったようなので、三回目8種を打ちました。

副作用が心配でしたが、とりあえず、大丈夫です。

 

ではまた成長記録をメールしますね

ありがとうございました。

 

シュシュちゃんママさんから頂きました♪

アルバムは、本当は血統書と一緒にお送りする予定でいたのが。。。

忘れてしまって、慌ててお送りしました。

喜んで頂けて嬉しいです(#^.^#)

また楽しいお話し聞かせてくださいね<m(__)m>

 

 

 

ジャック君ですよ♪

jack-taka-9.11-2-1.jpg

jack-taka-9.11-1-1.jpg

お礼が遅くなってしまいましたが、血統書受け取りました。

ありがとうございました。

ジャックは元気に過ごしております。

先月二回目の混合ワクチンが終わってから、いろいろな所へ連れ出しているためか、

お散歩やお出かけが大好きになり、家族が外出の支度をしていると、じ~っと様子を見て、

自分が連れて行ってもらえると確信すると、大喜びでクレートに入り

(いつもクレートで連れ出すので、自分から入って「準備OK!」と言わんばかりに中で目をキラキラさせておすわりしています)、

自分が留守番だと分かると、今度はいじけてクレートに入りふて寝します。

(クレートをハウスにしているので)

散歩していてもあまりにも小さいので、必ず一人二人には「小さいね~、それで大人?」とか話しかけられます。

そのうち近所で「あの小さい犬の飼い主さん」と有名に?なりそうです。

おかげで、近所にどんな犬や人が住んでいるのかなど、改めて近所の様子を知るいい機会になりました。

先月ころから何故か耳が垂れてきてしまいましたが、それはそれでとてもかわいいと思っています。

まだまだしつけなどで悩みも多いのですが、これからジャックと一緒に飼い主の私たちも成長して、日々楽しく過ごしていきたいです。

 

1 | 2 | 3 | 
過去ログを見る